2016年10月01日

Order made 0.7ctリング

今回のジュエリーはオーダーメイドとカスタマイズのご依頼です。


事前にメールで、ご希望のイメージ、予算感などを打ち合わせし、
ご不要なジュエリーがありましたら、お持ちくださいね〜
と、お伝えし、いよいよ直接打合せの日。

うひょーーー
たくさんのお宝をお持ちでした。数だけでなく、質も含め。

0.jpg

オーダーいただくので当たり前なのですが、
デザインにも強いこだわりを持つ、おしゃれ上級者のお客様。
お持ちいただいた「お宝」の中から
エンゲージリングのダイヤモンドとファッションリングについているメレダイヤで新しいリングを作って欲しいというご依頼です。

オーダーメイドのご依頼は、しまいっぱなしで、もう着けていない、着けられない、というエンゲージリングを、どうにかしたい!という方が多くいらっしゃいます。
そして、エンゲージリングについていたダイヤモンドの鑑定書を拝見すると
ご主人様の「愛」が、その鑑定書の数字、グレードでしっかり見ることができるので、
持ち主以上に興奮してしまい、ご主人様が奥様の為に一生懸命エンゲージリングを選ばれた姿を想像し、一人しみじみしてしまうのでした。


さてさて、
差し出がましいようですが。その「愛」をまた再生するべく(いや、もっと深いものにする、と言ったほうがいいですね)リメイクの開始です。

ご希望のデザインテイストはどちらかというとクールかつ、ほんの少しアーティステック。
使用するメインストーンはかなり大きいサイズ。
その周りにメレダイヤを配置すると、ラグジュアリー感が出てしまい、
キラキラゴージャスなのですが、お客様の本意ではなくなります。
でもメレダイヤは使いたいのだー。

むむむ〜

ふと、思い出した事。お打ち合わせの時にお客様が装着されていたリングがかなりボリュームのあるタイプ。リングの重さは、さほど気にならない、というご意見も伺っていました。
そこで、メレダイヤは腕の側面に入れることにしました。









どどーん


1.jpg

うーん。個人的にも欲しいリングができました。あーダイヤモンドが大きくて羨ましい。

2.jpg

3.jpg

装着時は一見、プレーンなダイヤモンドリングですが、ちらっと横に見えるメレダイヤがマニアックに輝きます。
いいなーいいなー。こんなリング欲しいなー。

と、うっとりしている間もなく、
オーダーメイドのほかにカスタマイズも進めます。

アンティーク調のリングとバネ式イヤリング

4.JPG

まずは左側、アンティーク調のリング
センターにーパールが留まっていたそうですが
なくなってしまったとのこと。
おそらく、パールが留まっていた芯が折れて紛失したのでしょう。
芯を立て直して、修理可能なことをお伝えすると、
そのリングにこのパール使えますか?
とお客様から以下の品物が…

8.JPG

使えます!使えます!!

そして、復活。

5.jpg



次に、イヤリングカスタマイズ。
バネ式で耳たぶに挟むタイプのイヤリング。
すぐに落ちてしまうのでピアスのようにできないか
というご希望。

できます!できます!

ピアスポストをつけて、ポストが収まるように溝切って、
完成。

6.jpg

7.jpg


今回の番外編で、
クリーニングのみを承ったとても上品なクラシカルなリング。

aq.jpg

お渡しした時のリアクションが一番大きかった品物かもしれません。

クリーニングしただけでこんなに輝きが増すのか!

という嬉しいお言葉でした。
ジュエリーは肌に直接触れるもの。
使用頻度の高いものはもちろん汚れも付着しますので、定期的のお手入をお勧めします。



復活したリング。
無事、お客様の手元に戻りました。

一番嬉しい瞬間です。

IMG_3862.JPG

IMG_3864.JPG



0.7ct メレダイヤ付リング(フルオーダー)
¥300.000〜




posted by akke at 14:37| jewelry